面接のポイント

内定が出ません。(2chの就職に役立つ良スレ・レス紹介ブログ)

内定のもらえない瀕死の就職活動性が2chでアドバイスをもらっているスレです。これはなかなか参考になりました。
最近になってエントリーはかなりの確率で突破できるようにはなってきたのですが、面接に至っては5戦5敗と最悪の状況です。
緊張して頭が真っ白になるのは論外としても、面接での戦略というか組み立て方、イメトレ練習が足りなさすぎなのだと思います。

【引用始まり】 — 伝わってこないんだろうな。ESでも履歴書でも自己PRでも。
自分の良さや能力の高さやポテンシャルの高さを相手に伝える方法をもっと必死に考えなくては。
それは何かぐっとくるエピソードが必要なのかもしれないし、話の構成かもしれないし、話し方そのものかもしれない。
オレは君じゃないから、そこは詳しくはわからないが、もっと必死になってほしい。必死になって、他の学生より頭一つ抜きん出ている何かを準備してほしい。ナンバーワンかオンリーワンを目指すぐらいの勢いでもう一度自分を見つめ直してほしい。
【引用終わり】 —

【引用始まり】 — 俺は面接うける時はその会社で何したいかを1時間以上語れる状態で受けるぞ?だから面接ではいつも話しつくせなかった感があるが、それでも今まで面接落ちたのは1回しかねぇ。【引用終わり】 —

【引用始まり】 — 勉強を続ける中で挫けそうになったこと、それを克服するために自分は何をしたか(別に小さなことでもよい)、それによってどんな効果があった、その体験からどんなことを学んだか(君のだと継続することの難しさと大事さ、とか)。【引用終わり】 —

これは続けるということを一つの強みにしてるぼくとしては参考になります。
エントリーシートでは実績を押すことによって説得力が生まれますが、面接ではむしろその過程をテンポ良く話せる練習をすべきだと思いました。
志望動機の黄金パターンは

自分はこれがしたい
なぜならこういう経緯があるから
そして御社はそれができる
だから私はこれを実現したい

ですよね。

スレのような自己PRだと何一つアピールできていません。
そもそもエピソードも悪いけど、伝え方も全然だめでしょう。
文章での伝え方と面接での伝え方はまた違うので、ぼくは次の面接までにそこらへん徹底していきたいところです。

【引用始まり】 — ちがうちがう。
素晴らしい経験を持ってるんじゃなくって
自分の経験を素晴らしいと思ってるんだけなんだ。

自信を持てよ。話し方も絶対に変わるから。【引用終わり】 —

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。