面接前夜

明日は福岡で個人面接があります。
明日の会社で12社か13社目になります。
さすがにもう、緊張することなんてありませんけど、どんなに慣れても面接の前夜というものは苦手です。

志望度の高い会社ならまだマシなんですよ。やりたいことがありますから。
問題はなんとなーくエントリーして、なんとなーく書類選考通過して、なんとなーく筆記で合格した、第二志望郡の会社です。
そんな行きたくもない企業受けるなよって話なんですけど、選考途中で志望度なんて上下するもんですし、受けるきっかけを失わないようにしようとすると、辞退する理由のない今はそういう会社が自然と増えたりするもんです。

今回の会社は知ってる先輩の内定先で知ったんですけど、自分の研究とのマッチングも全然なくて、説明会にとりあえず参加したら筆記も同時にあって書類選考も通過してしまったという会社です。
説明会聞いた分じゃ、意外におもしろそうな会社だなとは思ったんですけどね。なにぶん、強い志望動機があるわけじゃないから、面接が憂鬱なんです。

面接では必ず志望動機を聞かれて、それが重要だったりします。
志望動機はエントリーシートと履歴書で一応書いてはいるんですけど、最近ぼくの志望動機ってどの会社でも一貫して、自分の価値観や就職観を中心に書いてるだけなんですよね。なぜこの業界の御社でこの業種かなんてのは一切書いていません。だから面接で同じことを言うのは少し勇気がいるんです。

簡単に言えば

「どの業界のどの会社のどの職種でもいいんです。極端に言えば、御社でなければいけない理由なんて微塵もありません。自分の人生を充実させたいだけなんです。それでもどうしても欲しいというなら採用してください。申し込まれた中から選びたいと思います。」

という感じになってしまいますから。
ほんと、履歴書とかエントリーシートはそれくらいの勢いで書いてるんですけど、不思議と今年になってエントリーで切られた企業は皆無です。
良くも悪くも普通じゃない感じが新鮮なのでしょうか。

面接もこのまま、正直路線で行くべきなのか。
それとも建前の志望動機を並べるべきか・・・。
嘘は付きたくないですけど、正直すぎても落ちるのは経験しています。
第二志望の企業の面接前夜はこうやって憂鬱になるのです。
企業研究もあんまりしてないですしね・・。

企業に媚なんか売りたくない!
強気で攻めたいけど、無い内定なぼくにそんな勇気はない・・・。
とりあえず来週の最終面接を無事乗り切って、第二志望郡の企業を一掃してしまいたいものです。

役に立つ参考:
面接・ES必勝法(人事部長の採用一直線)

2 件のコメント

  • [これからこれから!]
    頑張ってるね。
    やったぶん結果でるといいね。
    私よりほんっと真剣に就活してるょ!!!
    応援してるよん★ミ

  • [なょみさんへ]
    ま、適度に頑張っておりますよ~。
    結果でるように、おれも願ってるw
    応援ありがとう☆

  • コメントを残す