07年春、各社の争奪戦激化

3月も半ばを超え就職活動の時期がピークを迎えようとしています。
就職関連のニュースを見ると時代は既に来期の話ばかりです。
【引用始まり】 —
毎日新聞が主要100社を対象に行った新卒採用計画調査で、07年春に大量の新卒採用を予定する企業の動向が浮かび上がった。各社が面接や内定に動き出す4月早々から、優秀な人材を確保する新卒争奪戦が一気に激化しそうだ。ただ、採用の早期化で、職業や企業への学生側の理解が不十分なまま内定が続出することになれば、「雇用のミスマッチ」によって入社後の離職率上昇を招く恐れがある、と心配する声も出ている。【荒木功、久田宏】(毎日新聞)【引用終わり】 —

どのニュースを見ても採用増の話で、団塊の世代問題と景気回復傾向により学生には追い風だというニュースばかりです。
けれど先輩や知り合いの話を聞いていると、決して楽観視はできないなと思います。
むしろ全体的には採用増なのに自分だけ決まらないんじゃないかと不安に思う学生のほうが多いのではないでしょうか。

主に採用増を発表している業界は金融、自動車、エレクトロニクス関連ばかりです。ぼくが志望度の高い食品関係の会社の名前はあまり聞きません。
それにニュースになるのは大手企業ばかりなので、それらの企業は採用人数が何割か増えたところで、その何十倍もの人が受けるわけですのでそれほど倍率に変化がないんだと思います。

結局決まるか決まらないかは自分次第だというのもありますし、回りが全体的にどうであれ自分が決まらなければ意味がないだとか、なんだか大学受験に似ているなと思いました。
大学受験も少子化の問題で大学に入りやすくなっと言われても、結局上位大学の人気は変わらず二極化が進むことになるのですが、就職活動でも同じような現象が起きるのではないでしょうか。
有名な企業を選ぶことがいいかどうかは分かりませんが、知名度の低い企業にとっては優秀な学生を確保できる確率が下がることにつながるので、そういう意味では競争が激化すると言えそうですね。
本当に売り手市場ならいいですけど、志望する企業を絞ると依然厳しさは残っていそうな予感がします。

2 件のコメント

  • [う~ん]
    就活してる自分にとっても大量採用は嬉しいニュースだけど・・・やっぱり考えモノでして・・・。特に金融とか、管理職(支店長etc…)ポストの数はほとんど変わらないから、入ってからの競争が激しくなる訳です。相互理解不十分による「雇用のミスマッチ」じゃなくても将来的には会社を去らなければならない可能性があるのも大量採用の怖いとこ。。

    むしろ、今の時代でも少人数採用で、入ってからも大切に育ててくれるとこの方が良いって考える人は周りにも沢山いるし。

    とにもかくにも、今はニュースとかに踊らされず、自分自身のことをしっかり考える時のようです。望んだ企業に入れるよう頑張りましょう!

  • [らふさんへ]
    なるほど、入ってからのことを考えるとそれだけ回りにライバルがいるということにもなるんだね。
    景気のいいときに大量にとると、不景気になったときにその分切られる可能性もあるってことか。
    大切に育てられることは良いことだけど、その分入りにくいし難しいとこだね。
    まあ、おれは一年後の話なんで・・・とりあえずがんばて(笑)いいニュースを期待してます。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
    人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。