~生物系・農学系の就職について~

後輩の就職先を探していたら見つけたサイトです。2chの就職板に載っている内容とほぼ同じなんですがご参考までに。

~生物系・農学系の就職について~

あーわかるわかるという内容がてんこ盛りです。
【引用始まり】 — ①なぜ難関バイオを突破できたのか?
→自分達が大学受験期に、『21世紀はバイオの時代だ!!』と国が煽っており、これらが励みとなった。また、医歯薬からの再受験者も多い。

②バイオ系学科の特徴
→基本的にハード高度。卒業論文や独立行政法人・民間企業との共同研究なども充実。よって就職市場での技術価値は高い。しかし時間の束縛は多い。コストパフォーマンスは理系で最高。しかも理数系の素養、さらにはビジネス感覚も身につく。

③バイオ専攻者の主な就職先
→国公立理学・農学、私大バイオ科でも外資内資製薬や食品企業の研究開発職が100%近く。専門以外の道も事欠かず、文系就職も簡単。引く手数多。

と言われてきました。

  しかし現実は、薬学専攻や化学専攻のように有利な就職先も無ければ、バイオ、生命科学の時代と言われた21世紀も来ない。悲しいかな、本当にこれが現実。

①なぜバイオに来ちゃったか?
→自分達が大学受験期に、21世紀はバイオの時代だと国が煽っており、これらに影響された。また医歯薬崩れも多い。

②バイオ系学科の特徴
→基本的に実験は、ねるねるねーるねー♪ 優秀な市販のキットが数多く出回っていて、それを使う傾向があるので、ただ混ぜるだけの単純作業。よって就職市場での技術価値は皆無。しかし時間の束縛は多い。コストパフォーマンスは理系で最悪。しかも理数系の素養は全く身につかない。

③バイオ専攻者の主な就職先
→旧帝大でも製薬、食品の研究開発職は厳しく、そのほとんどがSE、MR、製造・品質管理などの職に就かざるおえず、専門性を生かす職にはなかなか就けない。かと言って、文系就職も難しい。

なのです。【引用終わり】 —

そう、バイオ系には研究という名の作業がかなり多いのです。
一個数万するキットも大量に使用するのでコストパフォーマンスはかなり悪いです。時間もかかるし、つぶしも効かない。ただ、就職に関しては学部なら厳しいですけど、修士だとだいぶマシにはなります。そのことに関しては後述。そして博士についてはリンク先サイト内参照。

【引用始まり】 —  バイオ出身者はいろんな方面へ行こうとすれば行けますが、製薬業界ならどうしても薬学専攻に劣ってしまい、化粧品・生活用品業界ならどうしても化学専攻に劣ってしまいます。そのため、必然的に食品業界に人気が集まり、競争率を上げてみんな苦しみます。食品業界の中でも、製造職や品質管理職はまだ研究職や開発職よりも入りやすいですが、工学部の機械科や電気科とも競うことになり、機械の専門知識に関しては劣るので、これも一筋縄ではいかないようです。また製造や品質管理は大卒や高専卒でもできる仕事なので、院卒ならプライドも邪魔することでしょう。まぁ、何はともあれ、バイオ出身者は難しいということです。
  バイオ出身者には食品に興味がある人が多いので、食品繋がりで外食産業に就職する人が結構います。しかし、この業務は超々激務&薄給なので、その業務内容をあまり知らない人しか行こうとしませんし、私もお薦めしません。というのも、私の友達も農学を学部で出て外食産業に就職した友達がいましたが、二年目で一店舗の店長を任され、毎日5:00出勤24:00上がりという超々激務を続け、エリア長からの「人件費削除して利益向上!!」というプレッシャーがきつくて、結局3年余りで辞めてしまいました。その友達が言っていた話ですが、「働いて気付いたが、バイオ専攻と外食産業には意外にも類似点がたくさんあって、それもあってこの業界に入ってくる人も多い。」とのことでした。

バイオ専攻と外食産業の類似点

白衣:エプロン
メス:包丁
教授:エリア部長
Protocol:レシピ
四年生:バイト
研究報告:日報
実験方針の討論:売上目標の討論
朝から晩まで実験:朝から晩まで仕事【引用終わり】 —

うちの学科は生物系でも比較的特殊で情報系(バイオインフォマティクス)や製薬系(バイオ創薬)の研究室も多いので就職率は他の生物系に比べると格段に良いと思います。特に修士卒なら情報系もほとんどは大手上流SEだし、それ以外も大部分の人が大手研究職(製薬食品化学)に入ることができ(てい)ます。ただ、やはりその中でもうちの研究室のように純粋なバイオ系(微生物etc)は上記の通りだとも思います。(弁当屋さんに就職する人もいたっけ・・。)化学やITという業界はあっても生物という業界はないですからね。FFでいうと薬学は白魔導師、化学は黒魔導師、そして生物は赤魔導師的ポジションだと思います。赤魔導師は白魔法も黒魔法も使えますがどちらも弱い魔法しか使うことができません。結局専門性では負けてしまうのでいまいち中途半端で市場価値は高くないのです。

昔はこんなこと考えてたのになー。

ま、新しい世界(IT戦士)でがんばります。

コメントを残す