DS Liteと勝率

今更ですが最近任天堂DSが欲しくなってきました。
でもお金がなーと思っていたら今月はちょっとした収入が。

まずバイト代が4万
GoogleAdsence代が2万
スロットの勝ち額が9万

と思ったより収入が入る(予定含)ので買おうかなと思います。
スロットは先日のラーメン以降、家の前の店は経験上、麻雀物語を毎日全台設定変更してる気がして、朝一って食えるんじゃね?ということで一週間一日一時間だけ打って検証してみたのですが

金曜日・・+2万
土曜日・・+3万
日曜日・・+2万
月曜日・・+1万5千
火曜日・・店がお休み
水曜日・・+2万
木曜日・・+2万6千

と6連続負けなしと異常な結果になってしまいました。
毎日朝の30分~1時間打つだけで、その後学校に行くという健全(?)具合。投資額も多くても5000円以内ということで天井ねらいなんてするよりよっぽど効率的です。設定変更後は50%で128G内ボーナスなので半分は当たるということになり、BIGを引いて4G連が絡めば勝率は大幅にUPです。もちろん2分の1で外れるし、バー単発もありえるし、BIGを引いても4G連に入る確率は30%なので負ける可能性も充分あり、勝率が高いという程度なのですが、一週間連続運よく勝てました。2、3台打てたらだいたい当たるというのも良いところですね。ライバルは4、5人常にいるのですが、いつも1箱以上出してるのはぼくを含めて一人か二人でなんだこれ、おかしいなって感じです。たぶん、ラーメンを食べた日にI君と店で会ったのですが、I君の今月の成績はその時点(7月13日)で12戦10勝という絶好調で引きの強い人なので、そのI君のIゾーンに巻き込まれてぼくの引きも上がったんじゃないかと思います。

という具合なので、DSを買おうと思って近くの店を5、6件回ったのですがどこにも置いていない品薄状態です。色はブラックでもいいんですけど、せっかくなので最近出た新色を探しているのも要因の一つです。

そんな中こんなニュースを見ると
【引用始まり】 — SCE、薄型の新「PSP」の国内発売は9月20日。19,800円
-新PSP専用ワンセグチューナも6,980円で同日発売
SCEは17日、米国発売を12日に発表した「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の新モデル「PSP-2000」を9月20日より国内発売すると発表した。価格は19,800円で、従来モデルの20,790円(税抜19,800円)より、5%値下げされている。なお、現行モデル(PSP-1000)については、価格を20,790円からオープンプライスに変更して販売が継続される。
【引用終わり】 —

【引用始まり】 — Q.薄型PSPって?
・33%軽量化、19%薄型化
・液晶の品質がUP、スピーカーが前面に移動
・メインメモリが2倍になりロード時間短縮
・USB端子が充電に対応し、PCやPS3と繋ぐだけで充電される
・ゲーム・映画・画像をテレビに出力可能【引用終わり】 —

PSPが軽量化、パワーアップしてさらに値下げということでこっちもいいなーと悩み始めました。まあ、結局発売は9月だし、任天堂の強みであるマリオがあるという点からとりえあえずDSを買うことにしました。やっぱスーパーマリオとかマリオカートとか魅力的ですよ。逆に言えば、PSPにドラクエとかFFとか魅力的なソフトがもっと増えたら買う価値はあると思うので、そのうち状況次第では買ってもいいかなと思います。

というわけで、近所のお店には置いていないのでネットでお買い物することにします。ネットで買うとボタンをぽちっと押すだけで買い物になるので、なんとなく購買欲が満たされないというか買った気にあまりならないのですっきりしないのですが、仕方ありません。ネットだと内定先のこともあるのでどこで買うべきか悩みどころですが、ここは無難に価格.comの最安値の店で買おうかと思います。ソフトはとりあえずマリオ系をいくつかとFF系をいくつか近くの店で物色して楽しみたいと思います。買ったところでやる時間があるのかというのが微妙なところですが、実験の合間とかなんかの移動とか暇な時間にできたらいいですね。

2 件のコメント

  • [DSソフトじゃないけど]
    DSはGBAのソフトもプレイできるので
    マザー3とかやってみるといいかもしれません。
    2とはだいぶ毛色違いますけど。

    PS3はMGS4が出ないと本当に終わるかもしれませんね

  • [goさんへ]
    え、DSってGBAのソフトもできるんですか!
    それは耳寄り情報ですね。
    マザー1,2は好きだったのでマザー3いいかもしれません。
    やっぱりゲーム(ハード)はソフトの充実具合で決まりますね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。