FF12予習

さてさてついに発売まで一週間となったFF12です。
ちょうど飲み会の予定も一通り終わり卒論の提出直後ということで時間的にもOKで、めちゃめちゃ楽しみです。
昨日ちょっとFFのポーションのことを書いただけで、いつもより人がたくさんきたりして世の中の関心の高さがうかがえます。
今日コンビニに予約しようかなーと思っていってみると、なんと予約は昨日で締め切りでした。
予約特典で1000円安くなったのになあ。
まあ予約なんてしなくても、大量生産してるだろうから売り切れで手に入らないってことはないっしょ!
(追記:ネットで予約状況を見てみるとアマゾンをはじめ、件並み売り切れ販売停止になっています。どっかで予約しないとやばいかも・・・。)

予約できなかった腹いせにファイナルファンタジー12ワールドプレビュー(スクエニ公認)というFF12についてまとめた雑誌を買っちゃいました。
内容はきっと説明書に書いているだろうということばかりですが、ソフトが発売されてない今だからこそ貴重な情報が載っています。
ということでFF12をプレイする予定の人はちょっと予習をしてみましょう。

まずFF12の世界観ですが、FF12にはいくつかの国があり、平和な時代から戦乱への過渡期、複雑な種族、人間関係が入り混じっているようです。

【引用始まり】 —
祝福されし王女たちの幸福は末永く続くはずだった。
アーシュとラスラ 結ばれるはずだった王女と王子
しかしバレンディア暦前706年、王国は戦火に覆われる
東のアルケイディア帝国と西のロザリア帝国がイヴァリースの覇権を争う戦乱の時代
多くの国々は業火のもとに滅び、希望は失われたー
大国の狭間で揺れる小国は落日の陽光に照らされる
漆黒の夜空に浮かぶ巨大な軍事飛行艇
それは帝国軍の圧倒的な力の象徴ー

戦乱から2年
今一人の少年とともに新たな物語が紡がれようとしている
帝国に支配されたラバナスタの街でー
【引用終わり】 —

こんな感じのおおまかなストーリーなんですけど、グラフィックスが鬼綺麗です。
FF11はやってないですけど、FF10からまた一段とグラフィックスはアップしていますね。

【引用始まり】 —
これほどの人と時間をかけて作られたエンターテイメントは存在しません。
【引用終わり】 —
だからこそ、絶対にこけるわけにはいかないスクエニさんです(笑)
というか売れることは確定してるから、下手なもの作れないプレッシャーは相当だと思います。

キャラクターですが、主人公はヴァンという17歳の少年です。
種族ヒュム族、身長170センチ、目の色ブルーグレイ
アルケイディア帝国の支配下に置かれた旧ダルマスカ王国のダウンタウンに暮らす少年。先の戦争で兄を失い、孤児となる。
いつかは空賊になって空を自由に飛びたいと夢見ている。

そしてその恋人、パンネロ16歳。
種族ヒュム族、身長160センチ、瞳の色ハニーブラウン
ダウンタウンで暮らすヴァンのガールフレンド。
戦乱で家族を失う。
歌と踊りに長け、武芸にも通じている。

アーシュ 19歳 ヒュム族
2年前の戦乱で全てを失ったダルマスカ王の一人娘にして唯一の王位継承者。現在は偽名を名乗り、解放軍の一員として地下活動を続けている。

バッシュ
ダルマスカ王国の元将軍で英雄
反逆者としてとらえられている。

バルフレア
空を自由に駆け巡る若き空賊

フラン
あらゆる武器に精通した美しき相棒

以上がメインキャラクター、仲間になるキャラなようです。
様々な種族が混在しており、その点はFF10の世界観を受け継いでいるようです。FF10は宗教ですが、今回は国家が骨格ぽいです。
聞きなれない種族名、国家名、帝国軍の組織図ととまどいそうですけど、綺麗なムービーとストーリーで分かりやすく説明されることを期待しています。

今回システムとしての重要なポイントはシーンレスという部分です。
フィールド上では探索、戦闘、移動という要素が全て区別なく同時に行われます。
これはつまりキングダムハーツと同じだと考えればいいのでしょうか。
敵が見えても近づかなければスルーできそうです。
セーブポイントに触れると全回復、移動中にMP回復なんてのもキングダムハーツっぽいです。
ちなみにセーブポイントはクリスタルです、最高。
戦闘中はFFシリーズおなじみのADB(アクティブ・ディメンションバトル)で、リアルタイムに状況が変化します。

そして今回新しく導入されたシステムとしてガンビットシステムというのがあります。
これはなんのことはない、テイルズオブシリーズの基本命令のパクリです。
要は同じキャラクターの戦闘中の基本動作(魔法中心、近い敵から攻撃、HP減ったら回復etc)を指定することができます。
ADBには相性いいかもしれないですね。

それより今回最も斬新なシステムとして導入されたのが「ライセンスシステム」です。
FF10でのスフィア盤に近いシステムでレベルが上がるごとに、ライセンスポイントが蓄積し、そのライセンスポイントの振り分けによってキャラクターを個性的に成長させることができます。
しかしこれ、いろいろ制限つけてくれそうと同時に裏技的なものもでいちゃいそうですね。
瀕死の状態でレベルが上がると獲得ポイント大幅アップなんてライセンスがあれば、利用価値高すぎだと思います。
特筆すべきなのは、このライセンスポイント、武器や防具、魔法技、ガンビットとほぼ全ての戦闘における能力に関わるということです。
性能のいい武器を手に入れてもライセンスを持っていないと装備できないなんて理不尽です。
ある程度計画的な成長が必要かもしれません。
ちなみに召還獣は倒すと、その召還獣のライセンスがもらえるそうです。

とまあこんな感じで、世界観、キャラクター、システムと予習ということでまとめてみました。
来週が楽しみだなあ。
攻略サイトやるときは、チャートはともかくライセンスとか新システムのほうが解説むずかしそうです。
ボリュームあるだろうから、1週間くらいじゃおわらなそうだなー。
長くても楽しめればいいんですけどw

2 件のコメント

  • [めんどそー]
    FFのネタになると食いつくあたしw

    アタシも実はその本買っちゃったよ・・・・w
    戦闘システムにちょっと不満。。
    ADBやだ~!!ATB自体苦手なのに
    敵がいきなりでてくるとかさー(´ヘ`;)
    あとライセンスとか?よくわからんけどめんどそう。
    スフィアとかよりも扱いやすいかなぁ?

    うちの店まだ予約できるよw
    店売りのが余ってるww
    7980円だけど安いのかなぁ??

  • [アサミさんへ]
    あ、買ったんだw
    ADBだけど苦手な人用にウエイトモードみたいのがついてて、コマンド選択時にストップできたりするみたいよー。ただそれは難易度を落とすわけだし、本来の楽しみ方としては・・・w
    ライセンスはめんどそうだけど、スフィア盤も最終的には慣れたしなー。毎回新しい要素を入れられると慣れるのに大変だよね。

    今日ね、違う店で予約してきたよw
    まだ予約できるところがあったから。
    7980円だった!予約なしだと8980円なんだよねー、高すぎー。今日前金で1000円とられたw

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
    人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。