G続報

我が家に突如として出没したゴキブリの子供たちを捕獲すべく、ごきぶりほいほいを設置してから早一ヶ月が経ちました。狭い部屋ですが、彼らを全て捕獲すべく10弱の罠を設置していてたわけですが、これまでに捕獲したGの数、8匹です。
正直、こうやって改めて書いてみると引いてしまう数ですけど、ただ単に捕まえたというわけではなく、捕まえたデータからいろんなことが分析できます。

まず部屋中にくまなく設置したホイホイですが、そのうち捕獲に成功したホイホイはわずか二つにすぎませんでした。10個近く設置したのにたったの二つですよ。しかもその内訳は8匹中6匹がエアコンの下に設置したホイホイに捕まったという結果です。

さらに追加情報としてこの一ヶ月間、夜中のベランダに3匹のGを確認、全てジェットにより射殺しましたが、出現しています。この二つの情報から言える決定的な事実として、奴らは間違いなくベランダからエアコンの室外機を経由して侵入しているということです!!

そして驚くべきことに奴らは増えています。
今までは時間が経過するごとにサイズが大きくなっていくという世にも恐ろしい状況でしたが、最近になって大きめのサイズと小さめのサイズが混合していることに気がつきました。産卵と繁殖です、この繰り返しによって悲劇は起きているのです。

既にマンション全体が汚染されていることは予想していましたが、ベランダという共通の空間は既に奴らの支配下。これはげにおそろしきことかなです。

そこでぼくは新たな対策を試みることにしました。
まず一つはベランダにホウ酸団子、ゴキブリホイホイの設置。
ベランダに奴らを呼び寄せるような危険な作戦ですが、このまま奴らの思いのままに好き勝手されるわけにはいきません!奴らの支配から自由を取り戻さないといけないのです。
もう一つは室外機の排水口を網等で塞ぐことです。
実はこれが一番効果的で現実的な手段です。
一定の効果が期待できます。

んなわけで昨日、捕獲におよばかなったホイホイ二つとホウ酸団子系のブラックなんとかを二つ、ベランダに設置したわけです。
しかし、ここで新たな悲劇は起きました。

昨日の午後、突如この世のものとは思えない豪雨が発生。
明らかに台風を超えた、1M先の視界0の豪雨&暴風雨によりベランダに設置した罠は水に流れて消えてしまったのでした。
それは窓の鍵を閉めているのに水が入ってくる凄まじい勢いでした。

そしてさらに悲劇は続くのです。
さっきまでの豪雨が嘘のように晴れ渡った二時間後。
「ピンポーン」と部屋のチャイムがなりました。
出てみると、そこにはマンションの管理人さんが立っていました。

ぼくの部屋は3階で、下の2階はITベンチャー企業が入っている企業フロアなのですが、その下の階の会社から雨漏りの苦情が入っているというのです。部屋がものすごく汚い状態だったので、人を入れるのは嫌だったのですが、ちょっとベランダを見せてほしいと言われてしぶしぶ検査の人を招き入れました。

検査の人がベランダをしばらく見て一言

「あーここにトラックが入ってるね。」

要するにひび割れです。
ぼくのベランダには亀裂が入っていて、そこからこの大雨によって雨が侵入して下の階が雨漏り状態になっていたのです。この亀裂はおそらく相当前からあって、たぶん前の福岡の地震とかでできたんじゃないかと思うんですけど、ここのベランダって奥行き2Mくらい横幅4Mくらいで、ちょっとやそっとの雨(台風でも)が降ったくらいじゃ雨が中の方まで入ってくることないんですよね。だから今回のような異常気象になって初めて、この事態が発覚したというわけです。今後の対策についてはまたオーナーに相談して、また決めるという話でしたけど、修理するにしても何をするにしてもぼくの部屋を経由しないといけないわけなので、困ったもんですね。
それでなくてもこのマンションは急いで作ったから欠陥住宅だといわれているのに、今回でまた新たな欠陥の発見ですよ。コンクリートにひび割れはけっこー重大な気がします。耐震構造大丈夫でしょうか。

まあ、そんなわけでGの出現と対策の最中にマンションの構造欠陥も発見され事態は急展開です。とりあえずぼくが早急にすべきは網の購入ですね。今日は帰りに100均一にでもいって適当なものを探してみたいと思います。

コメントを残す