IT業界2年目です。

社会人になってから、丸2年の月日が経ち、同時にIT業界に入って2年が経ったわけですが、世間一般で言われるもろIT業界、とはだいぶ様子が違うなーというのが入社してからの感想です。

退職したSEだけどなんか質問ある?(働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww)

いわゆるIT業界って完全ブラックじゃないですか。

主にITって言われてる業界って、営業がいてSEがいてPGがいて、仕事をとってきたものを開発するという感じなんでしょうけど、ぼくが入社した会社は受注もしないし発注もしないし、SEもPGもネットワーク系もサーバー管理も別け隔てなく一括りにエンジニアという感じで、上記URL先のようないわゆるブラック会社ではないのはよく分かりました。ちょっと、というかだいぶ特殊なんですよね。

忙しいは忙しいと思うけど、さすがに妖精が見えたりはしませんもん。(ぼくが最近、読んだ本には、忙しいと言うのは無能の証拠と書いていたので、忙しいというセリフは使わないように気をつけています。)

正直、今の仕事が幸せかと問われると自信はないものの、命の危険を感じたりはしないし、どちらかと言えばまったりなんだろうなと思うし、今のところ倒産の可能性もほぼないし、ITという世界の中では恵まれている方なのかなーと思ったりもします。ただ、やっぱり一生居続けるようなイメージは一切ないし、もし転職をするとしたら同じレイヤーで会社を変われば、スキルもないし、それはそれで辛いんだろうなと想像できるので、その点ではしんどいかもしれないです。

ぬるい部分はぬるいですからね。

最近の新入社員「かかってきた電話はみんなで取ればいい。新人に押し付けるのはおかしい」(ニュー速クオリティ)

例えば、ぼくまだ一度も客先からの電話なんて受けたことないですもん。
そもそも席に電話はあるものの、内線専用です。
だから、お客さんに対する言葉遣いだとか、電話でのマナーだとか、そういった社会人として一年目に身につけるべき、社会人力が皆無な気がするのが大変不安に感じているところです。

よく新卒3年目までは、転職の際も第2新卒なんて言って、社会人としての基本的なスキルは身につけていて、なおかつまだ柔軟性があるという転職市場があると思うんですけど、対人スキルが全く磨かれない職業だし、マナーや基本的姿勢も養えていないとすれば、価値がないなーと思ったりするわけです。

うちの会社って新卒を採り始めたのも、何年か前からなくらいだし、なんつーか、伝統ある会社にあるべきものが欠けているんですよね。逆に言えば、自由な雰囲気や、そのユルさがいいって部分もあるんですが、これから長い人生を歩んでいくとしたときに、最初の会社がここでよかったのかと思う部分はどうしてもありますよね。

上記、リンク先にもありましたが、正直Perlさえそこそこ書ければなんとかなっちゃたりもします。ソースが汚かろうが、プロフェッショナルなレベルでなかろうが、特に関係ありません。それがいいかどうかは別にして・・・。

しかし、長い目で見るとやっぱり年をとればとるほど、IT業界から足を洗うのは難しいだろうし、ぼくも2年目だけど27歳になるし、うーむという感じです。

とりあえず、4月の情報処理試験ではシステム監査技術者試験に申し込みましたが、元々ぼくは世界を変えるような画期的なWebサービスを作りたくて、今の会社に入って、今の会社ではそれができないことが分かってきたという段階なのに、次に目指すところが、この業界で生き抜くための施策でいいのかという疑問は甚だありはします。

会社の働きやすさや、生活、お金の問題は常に付きまといはしますが・・・。
今、本当にやるべきことは一体なんなんだろう。

コメントを残す