エンジニア特化型転職支援サービス「ギークリー」と「@type」を実際使ってみた感想

スポンサードリンク

最近、スカウト型の会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』なんかを半年間くらい使ってみて思いましたが、結局いざ転職しようという気持ちになったときには待っているだけなく、今積極募集している会社をちゃんと自分から探さないと、転職って人生でそう簡単に何度もやり直せるものではないので、いまある案件を網羅してみたいなという気持ちになりました。

で、転職エージェントや転職サイトは世の中にいろいろあるんですけど、どれを使うのがいいかということろで考えてみたんですが、有名なのはリクルートエージェントやDODAでしょうが、この辺ってエンジニア以外の案件も当然多く扱っていて、さらに有名なのでたくさんの人が利用していることがかえって(忙しすぎるし担当が専門でないケースもあるので)ちゃんとサービスを受けられないことが多いという話もよく聞きます。

それだったらエンジニアに絞った転職エージェントを一度使ってみたいと思い、今回ギークリーというサービスを使ってみました。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団【GEEKLY】

GEEKLYはIT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門としている転職エージェントです。大手を中心に非公開求人数を多く揃えていてギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇る、という宣伝文句になっています。

こういうのは実際使ってみないと分からないのでさっそく登録したところ面談のお誘いがきたので、渋谷の事務所に行ってきました。カウンセリング内容は至って普通で、簡単にインタビューを受けたあと、ぼくの意向に沿っているであろう案件を数十件紹介されました。

以前、リクナビエージェントも使ったことがあるんですが、そのときと違うなと思ったのは、気になる会社のことを聞いたら、どこの会社のことも詳しく、担当者や社長に会って聞いたという話を説明してくれました。もちろんすべて会っているわけでなく、たまたま担当だったということでしたが、確率的にはだいぶ高い印象でした。

そして好印象だったのは、紹介された企業をいますぐ応募しますかと聞かれ返事を保留してもそんなにしつこく言われたりしなかったことでした。家に帰る頃にはマイページに紹介された案件が閲覧でき、応募することができる状態になっていました。この辺の早さはすごいなと思います。

まぁ、案件自体が他で扱っていないのかというと、そんなことはないんでしょうが、対応は丁寧でサイトも使いやすく、豊富な案件があることはわかったのでメインで使うのはありかなとは思いました。もちろん無料ですしね。

type転職エージェント

さらに1つだけでも比較になんないなと思って同じくIT系に強いと噂のtype転職エージェントにも行ってきてみました。営業所が都内にしかないらしく、首都圏に強いという説明を受けました。

一通り希望を伝えたところ、案件を紹介してくれるのですが、まぁ思ったのは当然かもしれないですが、ギークリーとほぼおなじ案件ばかりでした。結局のところ、どこのエージェントを使っても市場に出ている案件は大差なく、だいたい同じような案件しか流れていないんだなと思いました。賃貸不動産と一緒ですね。

スポンサードリンク

ということは何が大事かというと、エージェントの質とサイトの使いやすさになるわけですね。
typeのサイトは正直お世辞にも使いやすいとは思えないレベルなんですが、エージェントの人はけっこー親身になって話を聞いてくれました。話しながら、一体自分が求めている環境とはどういうものなのかという輪郭が徐々にはっきりしていくのが分かりました。

漠然とこう思っていたことが、実はこういう環境が自分は好きなんだ、だったらこの会社はダメだなみたいなことが整理されたので、話を聞いてよかったです。

具体的にはぼくは新規事業系の経験が多いからか、レガシーなシステムやルールの中でやっていくことに非常にストレスを感じるタイプで、そのサービスの全てを把握した状態を好む、みたいな傾向とかですね。何がやりたいかというのも大事だけど、何にストレスを感じるのかという本質を理解すると自分に合う選択肢が自ずと見えてきます。

話しながら自分の考えが整理されていく感覚、コンサルってこういうことだよねという体験でした。

その他エンジニア専門転職サービス

他にどんなエンジニア専門転職サービスがあるのかついでなので調べてみました。

転職エージェント・ワークポート

IT・インターネット業界のみで2000社と取引実績があり、常時12,000件の求人案件を保有しているそうです。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントと言えばなんでも扱っていそうですが、マイナビエージェント×ITというサービスはIT業界に特化しているそうです。

また、マイナビクリエイター
というサービスもあるようです。

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

レバテックキャリア

Webエンジニアの転職なら【レバテックキャリア】

まとめ

結局、エージェントって最初のコンサルが終わったら、後は普通の転職サイトと同じで案件が流れてきて、応募したらサポートしてくれるってだけなんですが、まぁ無料だし使うのもありかなとは思いました。複数のサービスを使ってみてセカンドオピニオンを得ることが大切かなと思います。

くハイクラス、エグゼクティブ特化型の転職支援を得意としており、業界・職種別の組織体制をとっているJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)が大手の転職支援エージェントとしてはオススメです。

関連記事:転職面接を受けたら応募の事実を漏洩されたので弁護士に相談してみた
関連記事:転職ドラフトで提示年収と実際のオファー年収に乖離があると連想する表現を使われた話
関連記事:ビズリーーチ!に登録したら3日で100件のスカウトがきたので会ってきてみた
関連記事:【ビズリーチ歴半年】プラチナスカウトメールでグッと来た文面、開封すらせずスルーしたタイトル集
関連記事:え、知らなかった!凄腕転職エージェントに聞いた業界裏話
関連記事:転職するなら32歳まで!?ビズリーチに登録して1週間でどれくらいヘッドハンティングされるか試してみた結果
関連記事:ここがヘンだよビズリーチ!転職エージェントと人事の2つの嘘

スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。