MI3

MissionImpossible3を観て来ました。
トータルの感想としてはなかなかおもしろかったです。
どれくらいおもしろかったかというとMr&Mrsスミスくらいのおもしろさと言えば分かりやすいかもしれません。(まあまあってことです)
とにかくアクションがド派手で迫力が楽しめます。

ストーリーとしては王道で出来すぎ感もありますけど、その華麗さとプロの腕が見せ所ですからね。
ものすごい最新装備の車も任務が終われば惜しみなく爆破したり、ヘリや戦闘機を敵の組織も使って信じられないほどの手際の良さで、プロ同士の戦いが描かれていて良かったです。
てかイーサンのはちきれんばかりの有能っぷりが見てて爽快です。

ただ最後がですね。
ネタばれになりますけど、あれで死んでいたらぼくの中での評価ポイントが2ランク上でしたね。結局ハッピーエンドじゃ胸を打つものがありません。24だったら確実に死んでいますよ。
そしてジャックだったら、どっちかというと尋問の際に相手の家族を人質にとって、人質の足を銃で打つ側の人間ですねw

まあそこは主人公ですし、MI4のことを考えると殺せませんか。
それまで敵組織の巨大さが随所に見られたのに、最後の警備の薄さが目立ちました。中国だからあり?
中国に北朝鮮に中東にと、テロや極悪組織として名指ししててなかなかやるなーと思ってましたけど、ちゃっかりトラブルを捏造して潰して作り直すのがアメリカのお家芸だなんて自国を皮肉ったりもしていました。

アクション映画は純粋に楽しめるからけっこー好きです。
黒幕が読めたところであんまり問題ないですしね。
個人的にバチカンでのゼーンのドレス姿に萌えました。

コメントを残す