無印良品の羽毛掛ふとんを比較してみました。

最近、部屋の寝室周りを改造してます。
改造というか、カーテン、布団カバー、毛布と寝具周りを新調してるだけなんですが、最近はもっぱら無印良品がお気に入りです。無印良品って値段は決して安い部類には入らないですが、ある程度品質が担保されてるので無難なところが好きです。

で、羽毛布団を買おうかどうかちょっと迷ってます。
いま、使ってるやつも社会人になるときに親に買ってもらったニトリの羽毛布団なんですが、如何せん最初から薄々感じていたのですが、全然暖かくないんですよね。学生時代に使っていたやつの方が暖かかったなーという思い出があって、布団というのはピンキリだと思い知りました。とは言え、すぐに買い換えるのもなんだし、騙しだまし6年も使ってきたんですが、さすがにそろそろ買い換えてもいいかなーと思っているところです。

それで、ネットで見てたら無印良品の羽毛布団は全部で3つあるんですね。
簡単に言えば、松竹梅という感じで値段もかなり違う品揃えです。
具体的には、サイズによっても値段は違うんですが、

約2万円クラスのふっくら軽い羽毛掛ふとん・二層式。
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315819065?searchno=2

約4万円クラスのたっぷり羽毛ふっくら軽い掛ふとん
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315819157?searchno=7

約8万円クラスのポーランド産たっぷり羽毛ふんわりつつみこむ掛ふとん
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315829033?searchno=16

その他お勧め羽毛布団一覧

の3つになります。
っつーか、羽毛布団ってたけぇー。
さすがに8万円クラスは買えないですよ、セレブですね。

で、ネットのレビューコメントとか見ると、2万円クラスが圧倒的にコメントがたくさん書かれてるわけですよ。値段的にも安いとは言えないけど、一番お手頃。コメント見る限り品質にも問題なさそうで、実際売り上げランキング的にも1位なわけです。

ぼくも買うなら、これかなーと思ってたんですが、今日実際にたまたま行ったビルに無印良品が入っていたので実際に触ってきました。
そしたら、2万円クラスのふっくら軽い羽毛布団が、ぺらっぺらでした。これなら今のニトリの羽毛布団とあんまり変わらないなーという感じ。
そして4万円クラスのたっぷり羽毛布団を触ってみたら、もうね、ふっかふか。これは寝たら気持ちいいだろうなーというのが、触った瞬間分かりました。
8万円クラスのはどうかというと、これもふっかふか。でも感想としては4万円クラスとそんなに大差ない感じ。そしたらやっぱり4万円クラスでしょーという印象でした。

まぁ、こういう3つの選択肢があって、3つ目が極端に高かったりすると、人間は心理的にだいたい真ん中を選ぶらしいですけどね。でも実際一番売れてるのは一番安いやつなのは、ネットで評判がいいことと、4万円というのが安くないからなのでしょうか。ぼくも、4万円っしょとか言ってるけど、ちょっとまだ悩みます。2万円と4万円で悩むのではなく、買うかどうか。。

ということで、誰かの参考になればと思って書いてみました。
以上、無印良品羽毛布団レビューでした。

コメントを残す