SB新機種

前回のホワイト学割で今年度中にソフトバンクに変えようか真剣に検討し始めたのですが、ここでソフトバンクから春の新機種が発表されました。

最近、留学生のRさんにウィルコムのキーボード携帯を散々自慢されて、キーボード系もありかも思っていたのでこれには食指が動きました。

ソフトバンクモバイル、個性豊かな2008年春モデル16機種57カラーを発表
922SHのフルキーボード搭載、3.5インチフルワイドVGA液晶、200万画素カメラ、ワンセグ搭載。インターネットマシンケータイが魅力的です。こういうタイプにちょうど興味があったし、デザインもクールで好きです。

最大3つのメールアカウントを設定可能な「PCメール」サービスも大きな存在です。これなら携帯からヤフーメール、Gメール、MSNメールなど常にチェックすることも可能です。これはいろいろと魅力的だなー。問題は春モデルということですが実際にはいつから発売なのか、値段はどれくらいなのか、買うことができるのか、です。

一方、本日ソフトバンクの学割にauからの対抗策が発表という噂がありましたが追いつかれないように一歩先をいくのが使命――KDDIの小野寺社長、ドコモとGoogleの提携にコメントとまるでやる気が感じられません。auは学割プランやデザインの優位性も事実上消滅し、ドコモにはまだiphoneという起死回生プランが残ってるし、正直、今一番中途半端な立ち位置で危機感を持つべきキャリアがauだということを自覚しているのでしょうか。

ぼくはこの10年間ドコモ一筋で日本人特有の慣れ親しんだモノを変える抵抗感を感じるのですが、少し前のドコモとauが同時にやった誰でもいきなり割が地味に効いていますよね。あれ2年縛りとかありますけど、事実上今まで拘束の理由になっていた長期契約割引とファミリー割引の無効化になるので違約金を払うだけの方が心理的に解約しやすい状態になってしまいました。ソフトバンクの参入によってほんとに戦国時代に突入しましたね。

2 件のコメント

  • [ueno上等兵さんへ]
    アップルって今ドコモとソフトバンクにiphoneの交渉してるんですよねー。auはドコモに同じことされたら勝てる要素がないってことわかってんですかねー。

  • コメントを残す