起業するということ

ちょっと前に転職する気はないとかできる限りやめたくないとか書きましたけど、チャンスがあればベンチャーで働きたいなーとも思ったりもします。
というのもぼくにとってお金はたいした問題じゃないんですよね。
それよりも世界を変えるような大きな楽しい仕事がしたいと思うわけです。
もちろん内定先のような大きな会社では大きな仕事ができるでしょうけど、その経験を活かして気の合う仲間と自由にインターネットを使った人々の生活を変えるようなサービスを作っていきたいというのが大きな夢でもあります。一番大事なコンセプトは世界を、人々の生活を変え得るサービスを創りたいという情熱ですよ、そんな人たちと一緒に働きたいです。

そういうことを考えるのも友人のM嬢(マコタンヌ)の影響が強いと思います。少し話しただけで優秀だというのが分かる人だし、自分の身一つで世の中を生きている感じで尊敬しています。彼女が仮に独立した会社を立ち上げることになって、その時ぼくが役に立てるような人材になっていればぜひお手伝いをしたいと思います。まさにぼくの人生のキーパーソン的存在ですね。出会えてよかったと思います。その時自分が結婚してたりしたら、またいろいろ悩むんでしょうけど。。

起業についてはこんな話があります。
技術屋は、何もしなければ毎年1000万円をドブに捨てているのと同じだ(レビログ)

ほんとこのインターネット時代、アイデアと技術力、そして営業力と資金があれば可能性はあるんですよ。そうやって消えていった人もゴマンといるでしょうけど、夢はある世界です。何より大事なのは間違いなく優秀な人材です。ぼくが東京に行きたい理由の一つに人脈を広げたいからというのもあります。優秀だと思える人とたくさん出会っていつかいっしょにおもしろいことをやりたい、そんな風に思います。

ちょっと今日は酔っ払っているので夢を語ってみました。
今日は高校の同級生のSちゃん(♂)がうちにきてて飲んでます。
いくつになってもSちゃんはおもしろいです。
東京に行っても気の合う友達がたくさんできるといいなあ。

コメントを残す