WindowsLiveメッセンジャー

MSNのホットメールにメッセンジャーのバージョンアップのお知らせがきていました。ホットメールもだいぶ前にWindowsLiveメールになっていましたけど、MSNメッセンジャーも今後WindowsLiveメッセンジャーに全部代わるんででしょうか。
さっそくWindowsLiveメッセンジャーをインストールしてみたんですけど、内容はほとんどMSNの時と同じ感じです。
追加機能としては相手がオフラインの時でもメッセージを送信できて、相手がオンラインになったら受信になるという機能、共有フォルダを作ることができる機能とかがありました。

オフラインのメッセージは試してみたんですけど、どうやら相手が同じくWindowsLiveメッセンジャーを使っていないと使えないみたいですね。
相手がWindowsLiveメッセンジャーをインストールした途端、溜まっていたオフライン時のメッセージが送信されていました。

共有フォルダの昨日は地味なようで画期的な気がしました。
誰か一人とのフォルダを選んで、そこにファイルを自分のPCからドラッグアンドドロップするだけで、ファイルを共有することができます。
今までメッセンジャーでファイルを送るときは、送信にけっこー時間がかかっていましたけど、この機能を使えば一瞬で相手にファイルを渡すことができます。これは一種の手軽なファイル交換ソフト的な使い方もできそうで、話題になりそうな気がします。

あんまり意味ないけど、配色とかも自分で変えることができます。
他のヒトの画像がなぜか今見えていないことと、下の動く広告がうざいなーと思うのが、とりあえずの感想です。

WindowsLiveメッセンジャーダウンロードキャンペーン(MSN)

3 件のコメント

  • [kenさん、たかしさんへ]
    なんか気になりますよね。
    オフラインメッセージ、今度送っておきますw

  • コメントを残す