amadana×CLYTIAウォーターサーバー開封の儀

スポンサードリンク

今日は待ちに待ったクリティアのウォーターサーバー(amadana)がやってきました。
ウォーターサーバーの7割は天然水じゃないと言われる中、クリティアのウォーターサーバーは天然水を使っていることで有名な大手になります。

富士山のバナジウム天然水 CLYTIA

加えてamadanaのデザインが気に入って今回頼みました。

紹介動画

開封の様子

こんな感じでやってきました。

どーん!

img_7437

でかいですよね、内訳は台とウォーターサーバー本体と、水の入れ物のカバーと水になります。
ウォーターサーバー本体もそれなりに重いですが、一番は水が重たかったです。この重い水を毎回家まで運んでくれるというのはウォーターサーバーを頼む大きなメリットの1つですね。

ちなみに今回はキャンペーンで初回水が2倍、48リットルも届いています。これだけあると、飲用水以外にもお米を炊いたり、煮物したりするときにも贅沢に美味しい水を使えるし、ペットボトルや水筒に入れて会社に持っていくことで節約にもなりそうです。

普段は月に24リットルですが、1日1リットル近くあるので十分な量だと思います。もちろん、毎月の配送料は調整可能です。

img_7440

水カバー

img_7441
スポンサードリンク

本体

img_7442

完成!

img_7456

組み立て自体は台と本体の間に4つのネジを付けるだけでとても簡単でした。
その上に水(柔らかめの使い捨てボトル)を乗せるだけです。

img_7457

設置して電源を入れてから30分程すると冷たい水と熱いお湯が飲めるようになります。
意外とウォーターサーバーの評判がいいのはいつでも使える熱いお湯みたいですね。確かに沸かさなくていいし、ケトルより早く常にお湯が使えるのはメリットだと思います。

まとめ

月額固定費がかかるわけですが、それでも毎日いつでも美味しい水がすぐ飲める状態になるのはいいと思います。水はどんな人でも一定量、必要ですし固定費が増えるというよりは、必要な経費の一部の投資先を切り替えるという感覚でした。

特に小さな子どもがいたりすると、安全という意味でも水にこだわるのはありだろうなと思います。純粋なインテリアとしてもですね、これはマイナスに働くことなく、オシャレなアイテムです。友達を家に呼んでも恥ずかしくないですね。

お得なキャンペーン紹介

キャンペーンというか詳細は下記から確認できます。

部屋の雰囲気によっては白もありですよね。

クリティア_アマダナ
スポンサードリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。