ぼくの考えた最強のリモートワーク自宅デスク環境2020暫定版

リモートワークを本格的に始めて半年以上が経ちました。その間、試行錯誤(散財)しながらも現時点でマイベストだと思う構成が完成したので紹介したいと思います。

全体感

ビフォアー

コロナ前は書斎に机と椅子はあるものの、そこにMacと24インチの外付けディスプレイが1枚あるだけの状態でした。これはこれで週に1回家で作業するくらいなら何の問題もありませんでした。

アフター

しかし、毎日朝から晩まで家で仕事することになり、徐々に環境を整える必要性を感じ、今では机椅子も含めて全てをリプレイスしました。ちなみに元々暖色系の電球が好きだったのですがWEB会議でオレンジ色に映りすぎるので少し白っぽい電球にも変えています。なのでなんとなく部屋全体の色味も違うと思います。

デスク

まずデスクですが、これまで横幅130奥行き60センチのものを使っていました。それまでは特に不満も感じていなかったのですが、外付けディスプレイやキーボードを整備していくうちに机が狭いと感じるようになりかなりいろいろ探したのですが、LOWYAさんで売っているこのデスクの160センチがなんと2万円台で買えて木材もしっかりしたものでコスパ最強でした。

欲を言えば横幅180センチくらいでもいい気がしますが160センチまでしか存在していないのでこれにしました。めちゃくちゃ気に入ってます。

キーボード

次にキーボードです。
キーボードはWindowsユーザーだった頃にRealforceを愛用していたんですが、5年くらい前からMacBookを使うようになってからは外付けキーボードを使っていませんでした。それはオフィスだとMacBookを持ったまま会議などで移動することが多く、あまり外付けのものを多用するイメージがなかったのと、やっぱりRealforceは長らくMac用のものがなかったからという理由でした。それが今回、在宅勤務することになって会議で移動することもなくなり、Realforce for macも去年出たということで久しぶりにRealforceを買ってみました。

いま使っているのは30g静音モデルです。実は最初、変荷重モデルを買ったんですが、やっぱりリモートワークってWEB会議の時にキーボードの音が入りがちなので静音モデルの方が良いなと思って買い直しました。

さらに今回、いくつかの別売りキートップを組み合わせてカスタマイズしました。というのもぼく、キーボードを爪でひっかく癖があるらしくすぐキーボードの印字が消えちゃうんですよね。どれくらい消えるかというと2年使ったMacBookのキーボードがこんなになちゃうくらい消えます。


今回、Realforceも使って1ヶ月くらいで消え始めたので無刻印のキートップを入れてみました。

どうですか、めちゃくちゃカッコよくないですか?すごく気に入ってます。
Realforce用の交換用キートップってあんまり売ってなくて公式のやつもあるにはあるんですが単色で高いので無刻印は互換性のあるHHKBのものを流用しました。赤い部分はたぶん海外でしか売っていないものをメルカリで買って使いました。できたら全部無刻印に変えたいんですがちょうどいい配色で売ってないんですよね。

あとは腱鞘炎対策としてリストレストを使ってます。最近は木材のやつも気になって買い替え候補です。今使ってるのはこれですが程よい柔らかさで気持ちいいです。ただ、机でラーメンとか食べると汁が飛んで汚れがち。。

マウス


マウスもかなり試行錯誤しました。マウス使うの久しぶりだったんですが、3000円くらいの普通のマウスを最初使ったら1週間くらいで腱鞘炎になってしまいました。こりゃいかんと思ってロジクールのトラックボールマウスを使ったんですが、充電式だとすぐ充電が切れたり、電池式だと接続が悪かったりといまいちな体験でした。トラックボールマウスと言えばロジクール一択だと思っていたので諦めかけたのですが、最近はエレコムからもいいトラックボールマウスが出てるんですね。この商品はロジクールのトラックボールマウスを超えていると思います。めちゃくちゃ快適です。

マウスにも要らないかもしれないですがリストレストを使ってます。

マウスに関しては現時点のファイナルアンサーだなと思ってます。

これまで試したマウス

カメラ


カメラもだいぶ右往左往しました。以前はもちろんMacBookの付属カメラを使っていたんですが、外付けディスプレイを使うようになってMacBookを正面に置かなくなるとWEB会議で斜めから画面に映る自分に違和感を感じるようになりました。面接とかもあるし擬似的でも目が合うような感じの方が失礼がないかなという気がします。最初は間に合わせで2000円くらいのカメラを使ってみたんですがあまりに画角が狭く映像も綺麗じゃなかったのでここは迷ったんですがロジクールのハイエンドモデルのカメラを使ってます。

この頃からYouTubeのガジェット系動画がすごく参考になることに気付いてガジェット購入のためによく見るようになりました。いろんなカメラで同時撮影しているような動画めちゃくちゃ見ました。このカメラはかなり綺麗に写ります。ただ接続がUSBtypeCなのでそこが逆に使いづらいと感じるシーンがあったのとそれなりに電力消費が多いみたいでMacBookの挙動が不安定になる原因に一時期なってました。それに関してはMacBook側にも問題があったので新しいMacBookに買い替えてからは特に問題起きていません。

他におすすめのカメラ。

今使ってるカメラはすごくおすすめなカメラですが若干高いので、予算が・・・って人にはこれがおすすめです。

これでも十分綺麗だと思います。

マイク


マイク、これも相当な試行錯誤がありました。一番悩みましたね。
在宅勤務が始まった当初はAirpodsProを使っていました。それまでもたまにWEB会議があるときはAirpodsProを使っていて不満もなかったのですが、やはり本格的に在宅勤務となると一日8時間WEB会議が続くような日もあります。そうなるとAirpodsって充電が4時間くらいしか持ちません。さらにカナル型なので長時間つけていると耳が蒸れるし痛くなります。ノイズキャンセリングも音楽を聴くにはいいですが、家に家族がいる状態だったり、郵便物が届いたりした時に周りの状況が分かりづらいというのは弱点にもなります。あとは耳を塞ぐタイプって自分の声が聞こえづらいから話してて違和感がありますよね。さらに言うとMacBookのBluetoothって高頻度でなんか接続がうまくいかないことがあります。朝一のWEB会議でBluetoothがなんか接続できなくて遅れるってことが何度あったか。。

なので、Earpodsを試したり、ヘッドセットを試したり、骨伝導イヤホンマイクを試したりとあらゆるパターンを試しました。しかしなかなか満足できる(クレームが少ない)マイク環境にはなかなか到達しませんでした。それでYouTuber動画とか見てると音声に関しては最終的にはコンデンサーマイクには勝てないってみんな言うんですよね。

自分の周りにもコンデンサーマイクを使う人が増えてきました。いやいやラジオDJにでもなるのかよって言われることもありますが、最終的にこれを使うようになってから音声綺麗、すごく聞きやすいとやっぱり言われます。これは6000円くらいなんですが、かなり評判のいいやつでこれで十分そうです。

ポップガードなんて付けたりしてますが、これは見た目がかっこいいからという理由でつけてます。歌を歌うわけじゃないしあんまり効果なさそう。

そしてマイク本体より遥かに高いマイクアーム使ってます。マイクアームって2000円くらいで中華なやつがいろいろあるんですがどうも信用できなくて、満足できずにいろいろ買い換えるくらいならと最初からいいやつを買いました。コンデンサーマイクでも有名なBlueのマイクアームです。動きが非常にスムーズでノンストレスです。

これを使うと一気にラジオDJやYouTuber感が出てきます。机の上がごちゃごちゃしない&キーボードからの距離が取れるので雑音回避になってると思います。

これまで試したマイク(付きイヤホン等)

AfterShokz Aeropexは軽いし耳をふさがないしすごくいい骨伝導イヤホンマイクでした。
弱点としてはBluetoothなので接続失敗することがあるのと充電忘れると困ることでした。

created by Rinker
アフターショックス
¥16,255 (2020/12/01 07:27:51時点 Amazon調べ-詳細)

Earpodsは布ズレ音が入るのとすぐ壊れてしまいました。

ヘッドセットは好評でしたが、このモデルは350gもあるので重すぎて首を痛めました。。

ヘッドホン


マイクを専用のものを使うようになって専用のイヤホン、ヘッドホンも必要になってきました。ここでBluetoothのワイヤレスなものを使うと結局、充電問題、接続不安定問題がついてまわるので有線中心で探しました。最終的にたどり着いたのがこのヘッドホンです。ヘッドホンも耳を塞ぐので蒸れるイメージがありますが、ヘッドホンにも開放型というタイプがあって、それは密閉していないのでそんなに蒸れないんですよね。さらにこのヘッドホンは非常に軽くて付け心地が異常に良い、さらに音質もなかなかいいという在宅勤務最強のヘッドホンです。普通の音楽鑑賞用としても名機と名高いです。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥26,400 (2020/12/01 13:50:45時点 Amazon調べ-詳細)

しかもこれは250gしかなく装着感も驚くほど完璧なので一日中使ってても全然疲れません。ほんとにすごいヘッドホンです。

これまで試したヘッドホン

これも安くて名機と言われるモニターヘッドホンですが若干小さくて装着感が自分には合ってなかったかもしれません。でもコスパはいいです。

これから欲しいヘッドホン

これも装着感良くAKGの音の良いヘッドホンです。しかし300gくらい重さがあるので悩むところです。

ヘッドホンアンプ

元々WEB会議のために買ったヘッドホンですが、せっかくなのでいい音で音楽を聴きたくヘッドホンアンプも買いました。音の深みと厚みが明らかに増します。

ディスプレイ


ディスプレイは4k27インチの同じものを2枚使っています。以前は24インチのものを使っていましたが買い替えました。非常に綺麗で2枚あることで作業効率が大幅にUPしています。これがあるので正直オフィスより働きやすいなと思ってます。

created by Rinker
Philips(フィリップス)
¥34,800 (2020/12/02 03:32:59時点 Amazon調べ-詳細)

ディスプレイ2枚使うとMacBookのポートを消費してしまうという弱点があるのですが、2枚同時に接続可能なHDMIハブを購入しました。これで外付けディスプレイ2枚を1本のポートでまかなえます。

MacBook本体はこんな台に乗せて台の下にファン(扇風機)を設置して熱暴走を防いでいます。

買ったけど返品しちゃったモニターアーム

デスクの省スペース化のためモニターアームも試してみたのですが、Amazonベーシックのモニターアームって接続部のキャップが一度付けるともう二度と外せないくらい硬い部品になっていて、長さを調節するためには外さないといけないのですが、そこが何時間やっても外せなくて最終的に返品しちゃいました。

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥13,990 (2020/12/01 09:33:06時点 Amazon調べ-詳細)

椅子


椅子は10年近くエルゴヒューマンプロを使っていました。すごくいい椅子だと思いますがさすがに10年使うと見た目もボロボロになってきたのでこの機会に買い替えました。オカムラのフィノラと最後の最後まで迷ったのですが、試座するうちになんだかんだやっぱりアーロンチェアのリマスタードモデルは楽でいいなと思って買っちゃいました。色はミネラルでオフィスっぽくない雰囲気なのがお気に入りです。

座り心地はやっぱりアーロンチェアリマスタードいいです、かなり最高です。エルゴヒューマンも良かったのですが、アーロンチェアは座っていて気持ちがいいし格上です。

エルゴヒューマンプロ

今思えばエルゴヒューマンのヘッドレストが良さそうで良くないんですよね。頭に当たるけど当たらない微妙な位置なので普通に使ってると逆に首が疲れた気がします。ヘッドレストは無い方が背伸びしやすくていいです。

その他

その他、買ってよかったものとしては、セルフパワーのUSBハブです。だいたいのUSBハブがバスパワーでMacBook本体の充電を奪うことでMacBookが不安定になる原因を作りますが、これは自分で給電するタイプなので付属製品がパワフルに動いても安心です。

あとはこれだけたくさん機器を使ってると配線がすごいことになるのですが、このトレーを使うことで配線が床に這ってごちゃごちゃすることがなくなります。これはだいぶストレスを軽減してくれます。

created by Rinker
PLUS(プラス)
¥3,356 (2020/12/01 13:50:47時点 Amazon調べ-詳細)

写真だけみるとあんまり綺麗になってないじゃんという感じもしますが、実際床にこれらが這ってる状態よりだいぶマシな感じです。

これもデスクの上で配線がごちゃごちゃしたり下に落ちたりするのを防いでくれるのでいいですね。

まとめ

ということで今のデスク環境をまとめてみました。
キリがないと言えばキリがないのですが、たいぶ自分の理想とする環境に近づいてきていて半年前とは比べ物にならないくらい働きやすさが向上しました。誰かの参考になれば幸いです。