同じ会社に長く勤めてきた人が陥りやすい転職ハイ期と乗り越え方

今年に入ってから人生4度目の転職をしました。
転職に関してはその都度、最善だと思う選択をしてきた結果だと思っていますが、傍から見れば、2015年、2017年、2018年と短期間で転職を繰り返しているジョブホッパー的な人材に見える経歴になってしまったことは不本意であるとは思っています。しかし、まぁ、それも自分で選んできた道です。後悔はしていません。(ちなみに今回は2015年に辞めた会社への出戻りです。)

それに転職を何度かすることによって得られることもあります。それは世間を知るということです。同じ業界の会社でも、それぞれの会社にそれぞれのやり方があって、それは文化と呼ばれることもありますが、ひとつの会社に勤めるだけでは見えてこなかったことが客観的に見えてきて、変化に対して強くなると同時に、いろんな会社の良いところを吸収しながら成長していくことができます。

そんなわけで、誤解を恐れずに言えば、ぼくにとって同業界での転職は近所への引っ越しくらいの軽い感覚にはなりつつありますが、何度か転職を繰り返すうちに自分の中で起こりうる感情面での変化だったり、短期間に複数の会社に所属することで普通の人じゃあんまりないだろうというくらい多くの人との出会いと別れを繰り返してきて、その中で見てきた転職したばかりの人がやらかしがちなパターンがあると気付いたので今回はそれをまとめてみたいと思います。

ぼくはこのやらかしがちな期間は入社してからだいたい3ヶ月から長くて半年くらいだと思ってるんですが、その期間を自分の中で転職ハイ期と呼んでます。他の人は前職の呪縛と呼んでいました。要は転職したての人がやりがちなあるあるですね。

特に初めての転職だったり、同じ会社に10年とか長く勤めてきた人とかが久しぶりに環境が変わったケースで非常に起きやすい心理状況だと思ってます。

転職ハイ期の人がやりがちなこと

前職の○○ではこれこれこういう風にやってうまくいってました

これ、めちゃくちゃ分かります。特に転職直後は、新しい職場の粗が非常によく見えます。逆に言えば半年以上経っちゃうと慣れちゃって、最初感じていた違和感がなにか分からなくなってしまうので、ある意味貴重な意見ではあるので積極的に教えて欲しいと言われることも多いのですが、何事にも言い方とかあるので、嫌味っぽく伝わらないように注意しないといけないし、事ある毎にこれを言っちゃうと反感を買ってしまっても仕方がないと思います。

えとみほさんもつぶやいてました。

ぼくも振り返ればいっぱい失敗してきました。

SNSの更新頻度が不自然なほど増える

転職したての人は環境が変わり新鮮な気分なので、ちょっと職場で驚いたことや嬉しいことがあったりすると、前職の人にもアピールしたいという気持ちも重なって、それまで全然SNS投稿してなかったのに急に投稿し始めたりする人がいます。

さらに今の職場はこういう素晴らしい活動が自発的にされている、前職のみんなも見習ったほうがいいよ、みたいなことまで書き始めると、もう痛いですよね。知らんがなとなってしまいます。

もちろん新しい職場の悪口も書いたらダメです。怒られます。

前の会社での成功体験を引きずる

仕事のやり方ってほんとに会社のカラーが出ます。それは会社とは組織ですから、当然上の承認を得る必要があるので、上がどんなタイプなのかによって、どういう方向で攻めれば承認が得やすいのかというのが知らず知らずのうちに会社の教育方針にもなっていて、それが文化レベルにまで染み付くことによって、だんだん所属する人の思考回路もそれに染まっていくのです。

何年もそのやり方で成功してきた経験をしていると、それが当たり前だったので何の疑問もなく、次の会社でもそのやり方で仕事を進めようとしてしまいます。これは特に前職で評価されて出世し、それなりのポジションを得てきた人ほど、その傾向があり、そういう人は転職市場でも評価されやすく、自信もあるため、なかなかたちが悪い感じになってしまいます。

郷に入れば郷に従えってことなんですが。意識しておきたいところです。

転職ハイ期の乗り越え方

これについてもえとみほさんが続けていいこと書いてました。

まぁ、こうのって外資系企業だときっと違うんだろうし、日本企業独特というかムラ社会的な一面だと思いますが、会社も結局人間の集まりなので、人間関係の部分をいい感じにうまくやるってのが非常に重要であるというのは、しみじみ感じたことです。

エンジニアであっても技術スキルよりも対人スキルの方が大事なんじゃないかと思うくらいです。

転職について他にもいろいろ記事書いてます。

ここがヘンだよビズリーチ!転職エージェントと人事の2つの嘘

2016.03.31

ビズリーーチ!に登録したら3日で100件のスカウトがきたので会ってきてみた

2016.02.23

え、知らなかった!凄腕転職エージェントに聞いた業界裏話

2016.03.17

転職ドラフトで提示年収と実際のオファー年収に乖離があると連想する表現を使われた話

2016.09.25

エンジニア特化型転職支援サービス「ギークリー」と「@type」を実際使ってみた感想

2016.10.28

コメントを残す